2016年 お正月 戸隠 その①

e0200357_01392222.jpg


今年も慌ただしくスタートさせてしまいました。


クロワとの生活

Blogアップをしそびれている思い出が溜まっています。
おいおい記録をしていきます。(ごめん、クロワ)


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


クロワが家族になって、二年目より
年初めは、旅行をするようになりました。「神社参り」

最初は、伊勢神宮(←アップしそびれ(ーー;)、御在所岳にて初日の出
翌年は、出雲大社、玉造温泉
昨年は、戸隠神社(ドカ雪で、二年参りは中止)、クロワとスノーシュー

そして今年は

 昨年と同様、戸隠神社「奥社」への「二年参り」です。
 そして、斑尾でスキーを楽しんできました。
 クロワとはスノーシューで雪トレッキング。

クロワも、完璧、
アウトドア派になりました。

e0200357_22554346.jpg


★★★

【12月31日】
大晦日 夕方5時、戸隠へ向かって出発です。

深夜の、二年参りが目的です。
(クロワの出番は・・・車中でZZZZ ・・・)



大晦日、朝から、旅行の準備と大掃除に追われました。
合間に、ついつい、お正月用に買っておいたお饅頭を撮み食い。
  えへへ、食べちゃった。 
e0200357_01033663.jpg

お風呂も入り、夕方の5時、クロワを乗せて出発です。

途中、ランのあるSAで休憩しながら、約4時間半で戸隠に着く予定。
今回は、七曲りのコースは通らず、「ループ橋」経由で向かいましたが、
やはり、長野から、戸隠しに入る道は、

カーブが多い(´・ω・`)
e0200357_01193299.jpg

カーブに入ると、後部座席にいるクロワの姿勢が
見事に「ライダー」スタイルになるのです。

本人は、怖くて真剣なのですが、
遠心力に対する構えが、自然とできているのです。

45度以上、体が傾いて、傾いて、傾いて、右カーブ、左カーブ
よっこらしょっとぉ~

クロワの前足が、倒れまいとして、ぶるぶるしてます。

後部席を振り返って見てる私の体にも、つい力が入ってしまう。


伏せて寝てくれてるといいんだけど・・・。
ダメみたい。いつも前足立ち。


暖冬で路面には、雪がなく、渋滞にも会わず、予定通り、9時30分到着


昨年は、道路も、何もかも、真っ白に厚い雪で覆われたのに?
初冬?晩秋?かと思うような状況です。


中社の近くにある、「うずら家」さんへ、向かいます。
「年越し蕎麦」をいただくためです。

駐車場で開店時間を待ちます。(大晦日だけ、夜の10時にも、開店)

雪が少ないことに、やや拍子抜けがしていたのですが、
駐車場で待っていると、小雪が降ってきました。

車のヘッドライトに反射した雪が眩しく
待っている車は多いのに、エンジンの音が気にならなくなりました。

「雪の静けさ」が「しんしん」と聞こえてくるようです。
冬の戸隠のムードが出てきた感じです。


こんな夜中に、ラブちゃんを連れたグループと出会い、
クロワを車から降ろして、ご挨拶
e0200357_23115816.jpg

みなさん、確か、大阪とか遠方からいらっしゃったとか・・・。
年末年始をワン仲間と旅行してるなんて、羨ましいな💛


旅行中は、進んでワンちゃんに声をかけないと、
クロワに寂しい思いをさせてしまうので、ラッキーでした。

幾分、クロワ 照れてた様子。


うずら家さんでは、ざる蕎麦大盛りをいただきました。
e0200357_01255103.jpg

本わさびを擦ってくれてる夫
なんか、「さま」になってた。

いい意味だけど、年をとったねと感じてしまった。
2016年もお互い、「穏やかに」行こうよね。
(夫:どういう意味かな?
 私:言葉の通り、そのままですよ)
e0200357_01254838.jpg



うずらやさんで年越し蕎麦をいただいてから、
戸隠神社(奥社、九頭龍社)への二年参りです。


クロワは、車の中で毛布に包ませて、三時間ほどお休みです。
(毛布を掛けてやると、「あ、ここで、寝てなさい」ということだと理解してくれてます)
時間が時間だし、ぐっすり眠っていてくれたはず。


深夜 11時過ぎ(紅白歌合戦 中盤の時間でしょうか)

スキーウェアに着替え、トレッキングシューズで、僅かな粉雪の中を、奥社参道口 から歩き始めました。


昨年は、「奥社」への参道で雪崩が起きる危険があったため、
この二年参り行事が中止となり、参道は真っ暗でした。
(山門までは行けたので、途中まででUターンしました)


時折、冷たい風が、木々に積もった雪をキラキラと舞い散らせ、
まるで、雪女が袖を振ったかのような、ちょっと異次元に入り込んだような雰囲気でした。
森(神か、「神聖な」もののけか)にずっと見られているというか、神聖な何かに包まれているような・・・
心の中をすべて、見透かされているような・・・
そんな体験をした気がします。



今年は、参道中央にずらっと蝋燭が置かれ、暖かい気が漂い、幽玄でした。
(約15mくらいの間隔で置かれた蝋燭。 約2k 

 単純計算で、合計、130個くらい・・・?)
e0200357_01305934.jpg

ボランティアの方々が、雪カキをしながら、準備してくださっています。

e0200357_01360017.jpg

ブレブレの写真(夫 撮影)


やっと、山門(随神門)です。これから、杉並木。長い長い上り坂です。
e0200357_01324169.jpg



e0200357_01323575.jpg

携帯のアラームをバイブで、23時58分に合わせ、参道を歩きました。
奥社の手前は特に急な登り坂です。
雪で滑るので、ゆっくり登ります。


ちょうど神殿の前に到着した時に、アラーム(バイブ)がなりました。
(^_-)-☆
2016年1月1日 元旦です


この奥社は、戸隠山の中腹にあるので、参道は長くでも、神社前は狭く、あたりは暗闇です。
0時を迎え、何がおきるのだろう(´・ω・`)と、ちょっと期待をしてしました。


神主さんが一回、太鼓をたたき、(新年ですという合図)
奥社の奥の方の明かりを頼りに、暗闇の中、参拝者がお参りを順番にし、下山です。



おみくじ、お守り、破魔矢などはどこにもありません。
おしゃべりをする人も全くいません。
(はっぴ-にゅーいやー、とか、除夜の響き、とかも 聞こえません)
みなさん、厳かに、礼儀正しく、参拝され、下山していきます。
我、先と、押し合う人もいません。


奥社の雰囲気は、暗くて、よく見えなかったのですが、
静かな気持ちで、私たちも、お参りできました。

地元の人のように、毎日の日課のように

ごく、当たり前のお参りのように。



下山は、登りより危険で、

横向き降り、屈みながら降りたり、しりもちついたり etc



下山後、車で、「中社」へ向かい、改めて、参拝
破魔矢を受けてきました。


夏のキャンプといい、この新年の二年参りといい、戸隠山といい、


やはり、ここは、私の(夫もだそうです)大好きな場所です。
ここの土地の「気」が、自分達に合っているような気がします。


さて、夜中の2時過ぎ。しばらく車で仮眠し、
明け方、スキー場の仮眠室を利用させていただきました。

朝食は、前日にドライブインのコンビニで買っておいた おにぎりと、自販機の暖かいお茶です。


本当は、「おせち」を作ってもってきたかったのですが、
大掃除で手一杯で、冷蔵庫を空にすることだけしかできませんでした。(--〆)


せめてと思い、持ってきた正月のお饅頭「花びら餅」をデザートに。
お正月気分(^^♪ ・・・ある意味 贅沢ぅ💛


今日(元旦)は、飯綱スキー場近辺を、クロワとスノーシューです。
昨晩の粉雪で、スキー場の雪質がいい様子です。


[PR]
by vie-avec-croix | 2016-01-14 12:29 | croix とともに

コーギーMIX犬との生活


by vie-avec-croix
プロフィールを見る
画像一覧